今人気の奥渋谷エリアに

神泉にある日本料理店で、「新宿なだ万」やグランドハイアット東京の「旬房」を経て、ボリビアの日本大使館の料理人という経歴を持つ大角さんがオーナーシェフを務める。

店内は和食店らしい落ち着いた雰囲気で、ゆったりと食事をできる空間となっている。

今この瞬間を楽しんで欲しいという想いが、店名に込められており、好感の持てる丁寧なサービスにも表れていて、居心地も良い。

メニューは基本コースとなっているが、アラカルトでのオーダーも可能で、バリエーションは豊富。

お造りは能登直送

能登直送のお造り盛り合わせは、のどぐろにクエ、鮪、うにイカ、しめ鯖、ヒラマサなど、いずれも新鮮で見た目も華やか。

のどぐろ塩焼き。

クエ頭の煮付け。

小鮎の唐揚げと南蛮漬け。

絶対あたらないという隠岐の島の養殖ガキの海輝王。

目玉は土鍋の炊きたてご飯

おすすめの土鍋で提供される、炊きたてご飯は、しらすと九条ねぎとトウモロコシを。

日本酒の種類も豊富にあり、料理との相性も抜群で、和ならではのマリアージュが楽しめる良店が神泉にあり。

関連記事