中野通り沿いで営業していた「麺屋青雲」が、同じ中野の北口狸小路に移転して、店名を変えてオープン。

周辺はラーメン激戦区

周辺は「青葉」などの人気店がひしめくラーメン激戦区で、一筋縄ではいかないエリアだが、敢えて打って出たようだ。

店内はカウンター8席のみのコンパクトなつくりになっている。

豊富な無料トッピング

メニューはみそラーメンやタンメン、中華そば、塩ラーメンがあり、にんにく、しょうが、野菜多め、ほうれん草のトッピングが無料。

タンメンにほうれん草トッピングをオーダーしたが、たっぷりのほうれん草が上に乗せられており、麺が見えないほどのボリューム。

素材は全て国産のこだわりで、麺は札幌ラーメンの代名詞ともいえる西山製麺を使用。

ちぢれ麺でコシがあるのが特徴で、コクがあるスープともよく合った、まとまった一杯になっており、リピートもありえるクオリティ。

関連記事