阿佐ヶ谷の餃子専門店で、外には待ちができるほどの人気店だが、ここの目的は、いつも火鍋。

阿佐ヶ谷駅近くのいちょう小路にある築36年の一軒家を改装した外観は雰囲気がある。

店内はコンパクトなつくりで、1階がカウンター席、2階が座敷席となっている。2階へは酒気帯びでは危険な、狭い急階段を登らなくてはならない。

2階は1日1組のみの予約しか受け付けない狭き門

しかも2階限定のメニューである火鍋が食べられるという特典付き。1階に通じている管的なもので注文をして、手動のエレベーターで品が運ばれるシステムがユニーク。

見つけよう自分の黄金比率

火鍋は肉、野菜、きのこ、豆腐類と様々な具材がたっぷり楽しめる。

スープは赤と白があり、赤は結構な辛さだが、奥深い味わいで後を引く旨さ。やや淡白な白とミックスさせると辛さも丁度良くなり、旨さ倍増。食べ進むうちに、自分なりの黄金比率を見つけていくのも楽しいだろう。

正直、火鍋の旨さにウリの餃子が霞んでしまったのが個人的感想だが、サイドメニューは高菜と枝豆の和え物やじゃがいもの千切りなどいずれも安定したクオリティ。

石垣島出身の店主とハルピン出身の奥さんのご夫婦の暖かい空気感がそのまま店の雰囲気になっていて、居心地がいい。

2階席をお休みしていたこともあり、久しぶりの火鍋だったが、改めてここの真価は餃子より火鍋で発揮されると実感。

関連記事