福岡に本店がある人気うどん店の東京初進出店。

豊前裏打会の代表店

北九州のルーツとなったお店「津田屋官兵衛」の麺を通じて知り合った会の「豊前裏打会」の代表店という。

高田馬場の駅から、やや歩いたロケーションにあり、目立つ黄色の暖簾が目印。

店内入ってすぐの所にある食券機で食券機を購入するスタイルで、カウンターとテーブル席のつくりになっている。

大きなごぼう天が特徴

福岡のうどんの特徴の一つに、具にごぼう天があるので、肉ごぼう天うどん(780円)に。

丼からはみ出るほどのボリュームのごぼう天はインパクトあるビジュアルで、注文を受けてから揚げるので、揚げたてを楽しめる。

うどんはコシとモチモチ感が同居しており、透明感があるのが印象的で、羅臼昆布や花かつおでとった出汁によるスープとの相性も抜群。

博多うどんブーム

このボリュームとクオリティに比しての価格はパフォーマンスが高いといえ、一風堂が恵比寿に「イチカバチカ」を出店するなど、今、博多うどんの注目度が上がっている。

関連記事