恵比寿の「Vinsanto」や目黒の「Meguro Republic」など10店以上のバーを経営するアズザクロウフライ系列バー。


中野駅南口すぐのビル地下のロケーションにあり、駅からのアクセスは抜群。カウンターのみの店内はコンパクトなつくりで、バーらしい落ち着きがありながら、カジュアルに楽しめる雰囲気。


お店の看板にもジントニックバーとあるくらい、ジンのバリエーションが豊富で、常時60種類以上のジン揃っているという。最近お気に入りのモンキージンも3種類あり、カウンターに並んでいる様は、まるで日光東照宮の三猿のよう。


まず選んだのは宮下酒造の岡山クラフトジン。米焼酎ベースのジンで、珍しく樫樽貯蔵されており、香り豊かにジントニックが楽しめる。もう一杯はエレファントジンで。その名の通り、アフリカ由来のボタリカルを使用しており、野性味溢れるアフリカンテイストが特徴。


最近巷ではクラフトジンが流行っているが、自分でも自宅用に数種類購入しているほどのマイブームが来ており、近くに多くのジンと出会えるバーがあることはありがたい。

関連記事