中野の丸井裏ロケーションにある人気の上海料理店。

孤独のグルメ登場店

孤独のグルメに出たこともあって、今までに予約を試みるも満席で断念すること数回の人気ぶり。

この日も駄目元で電話してみたのだが、金曜夜の最後の1席に滑り込みセーフで、初蔡菜食堂。

店内にはそれほど席もなく、テーブル席が6卓ほどのコンパクトなつくりで、ご夫婦で営まれているアットホームな雰囲気。

メニューのバリエーションはなかなか豊富で、白板におすすめメニューもあるので、青島ビールを飲みながら思案する。

おつまみセットも気になったが、ビールのお供に揚げピーナッツと新緑ザーサイを。

店主おすすめのスペアリブの黒酢ソース

店主が厨房から出てきてまで(笑)、勧められたスペアリブの黒酢ソース炒めは、上品な味わいの酢豚という例えが最適で、さすがお勧めなだけある美味しさ。

マイベストトマタマに躍り出たトマト卵炒め。

本当はイカとセロリの炒めが食べたかったが、品切れだったので、アスパラと海老野菜炒めを。


締めは豚肉と野菜の焼きそばで。

店主はバードランドの元賄い担当

店主は焼鳥の名店として名高い「バードランド」の賄い担当だったらしく、いずれの料理も美味しく、他のメニューも食べてみたくなるほど。

2人でやられているので、孤独のグルメ放映直後は大変だったらしいと聞くが、この日もひっきりなしにお客さんが訪れており、要予約であることに変わりはない。

関連記事