錦糸町にある人気ハンバーガーショップで、普段はあまり訪れることのないエリアだけに、アポがあった時は絶好のランチタイミングとなる。

ブラザーズ出身店

店主は人形町の有名店「ブラザーズ」出身で、店名の由来は人を喜ばせるという意味の「shake a person’s tree」から。

錦糸町駅から歩いて10分ほどの、やや離れたロケーションでありながら、店内はほぼ満席のさすがの人気ぶり。

ハンバーガー店としても評判だが、シェイクツリーの知名度UPに一役買ったのが、ワイルドアウト。

ワイルドアウトはディナーメニューだが、ランチタイムでもワンドリンクでオーダー可能。

肉バーガーのワイルドアウト

バンズではなく、パティでトマトやチーズを挟んだ、通称肉バーガーとも呼ばれるのも納得のビジュアルで、確かにインスタジェニックな一品。

ビジュアルはインパクトがあり、パティも粗めの肉感たっぷりで食べ応え十分だが、改めて知ったのは、バンズがあってハンバーガーは成り立つということ(笑)

同席者の美味しそうなアボカドチーズバーガーを目にして、余計にハンバーガーが恋しくなった。

関連記事