神楽坂にあるコーヒースタンドで、奥神楽坂エリアといわれる住宅街のロケーション。最近、奥渋谷や奥銀座など、奥〇〇エリアと呼ばれる、少し駅から離れたエリアがトレンドのようだ。


以前は自家焙煎珈琲hazeとして、イベントやマーケットに出店していたが、自宅近くに今回初めてお店を構えたという。同様に奥さんもパンと焼き菓子のお店をイベントで出していて、店内にはそれらの商品が多く並べられている、夫婦コラボレーションが繰り広げられている。


基本はテイクアウトだが、シンプルでコンパクトなつくりの店内には椅子も置かれており、ゆっくりはできないが、店内は飲むこともできるようだ。


シングルオリジンは10種類以上あり、この日はインドのブルックリン農園のハンドドリップコーヒーを。穏やかな味わいで飲みやすく、350円という価格も魅力。


近くにある期間限定レストランの「トレイラー」にて、毎週火曜にモーニング営業もしていて、地域にも根付いているようだ。神楽坂散策の際には、店名の由来通りに、まさに立ち寄りたくなるお店。

関連記事