1938年に屋台からスタートした京都の老舗人気ラーメン店の東京進出第2弾のお店。

新福派か第一旭派か

京都の本店はもう一つの人気店「第一旭」と隣り合っており、新福派と第一旭派に分かれるほどの熱烈なファンを持つ。

そんな人気店がいつの間にか麻布十番に次いで、秋葉原にも出店しており、アポ後に訪れた。

ラーメンは黒いスープが特徴的で、鶏をメインに作られていて、見た目に反してあっさりしていながら、深みのある味わいは、中太のストレート麺とも合う。

ラーメンとやきめしの一挙両得

ラーメンと並んで人気なのが、やきめしで、ラーメン並とやきめし小のセット(950円)は、名物2品を同時に味わえるのでお得。

東京にお店がなかった頃には、百貨店の催事で臨時出店があると、ファンが列をなすほどの人気を誇っていたらしいが、今や気になるのは第一旭か。

関連記事