今年5月にオープンしたばかりの中野にある人気ジンギスカンの新店で、本店からすぐ近くのロケーション。

1階にTSUTAYAが入っているビル3階の店内は、カウンター席中心のつくりで、この日の1人ジンギスカンのシーンに最適。

オーナーは元関取の若敄

店名に中野部屋とあるように、元関取の若敄がオーナーで、現役時代に通いつめて常連となり、その後お店を譲り受けたという。

中野には縁があり、明大中野中の相撲部出身で、同期にはあの貴乃花親方が。中大相撲部時の同期に出島関と錚々たる面子がおり、自身もインターハイ優勝した経歴を持つ。

メニューには食べ飲み放題もあるが、1人なので、ジンギスカンスタートメニュー(963円)に追加をすることに。

国内輸入量が極端に少ないアイスランドシープ

スタートメニューは、肉と玉ねぎ、ししとう、ピーマンがセットになっており。アイスランドシープという国内輸入量が1%弱という貴重な羊肉を使用している。

旨味があって、くせがないのが特徴だが、ジンギスカンに慣れ親しんでいる自分にとっては、多少のくせも羊肉のうちなだけに、食べやすいのかもしれないが、やや物足りなさが残る。

おかわり肉に、味付ジンギスカン、ラムチョップと野菜を追加して、ビールを飲んで6000円オーバーの会計で、食べ飲み放題にしても良かったのかもしれない。

ビールはジンギスカンだけに、サッポロ生

ラムチョップ

おかわり肉

ジンギスカンはパクチーとの相性抜群

ジンギスカンダレで食べる名物つけ麺

締めには名物である、つけ麺を。羊肉の旨味が溶け込んだタレを使って食べるのだが、必食とまでは感じず。


1人ではコスパを発揮しづらかったが、近くでジンギスカンを食べられる気軽さがあり、今後も利用機会がありそうだ。

関連記事