コーヒー御三家の一つ

コーヒー御三家や東京コーヒー四天王などの一つに必ず入る、南千住にある有名喫茶店。

1968年創業の老舗で、この日は「丸千葉」の後に訪れた、自分的には南千住ゴールデンコースといえる。

バッハという店名はオーナーが好きという単純な理由からだそうで、バッハが描かれた看板はチャーミング。

店内の雰囲気も老舗喫茶店特有の独特な雰囲気は全くなく、初訪でも気軽にコーヒーを楽しむことができる。

気軽にといっても、コーヒーに対するこだわりは半端ない。ハンドピックと呼ばれる手作業で良い豆を選別し、オリジナルの焙煎機で、その日使う分のみ焙煎するため、普通のコーヒーとは新鮮さが異なる。

沖縄サミットで出されたバッハブレンド

コーヒーのメニューのバリエーションは豊富にあり、迷ってしまうほどだが、初めてなので、店名がついたバッハブレンドを。

後に知ったが、沖縄サミットの晩餐会のコーヒーに選ばれたらしく、飲みやすさの中にもしっかりとした香りがあるバランスの取れたコーヒーだった。


コーヒーだけではなく、奥さんが作るお菓子やパンも手作りで、この日頂いたイチゴのショートケーキもコーヒーとの相性抜群。

コーヒーだけでなく、紅茶もあり。

近くにはバッハコーヒートレーニングセンターがあり、後進の指導にも余念がなく、多くのバッハ出身者がここから旅立っているという。

ブルーボトルコーヒーに影響を与えた

さすが日本スペシャリティコーヒー協会会長であり、ブルーボトルコーヒー創始者のジェームス・フリーマン氏も影響を受けたというのも頷ける。

なかなかコーヒー1杯で南千住まで足を運ぶことはないだろうが、丸千葉での昼酒あとに訪れるコースはおすすめかも知れない。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

関連記事