四川飯店グループの総料理長であり、中華の鉄人「陳建一」の右腕でもある菰田さんプロデュースの火鍋専門店が五反田に。

火鍋専門店ブーム

三田の「火鍋趙楊」もそうだが、中華料理店の火鍋への専門店化が続き、静かな火鍋ブームを感じる。

五反田のソニー通り沿いのロケーションで、以前は韓国料理の「チェゴヤ」があった場所。

今年の3月にオープンしたばかりで、お店の前にはお祝いの花がたくさん。さすが有名シェフなだけあって、鉄人の坂井さんや道場六三郎さんからも来ていた。

メニューは火鍋のコースが5種類あって、それぞれに特徴があるが、加藤ポーク満喫コース(5000円)に。加藤ポークとは群馬県産のプレミアムポークとのこと。

麻辣豆板醤スープと肉骨茶スープ

火鍋スープは2種類。麻辣豆板醤スープは自家製豆板醤ベースでそれほどの辛さはないが、コクがあって旨さを感じる。肉骨茶スープはシンガポール四川飯店逆輸入で、栄養薬膳師の資格を持つ菰田さんならではのセレクトだが、個人的には白湯スープの方が火鍋は好き。

群馬県産のプレミアムポーク

加藤ポークは肩ロースにもも肉、バラ肉とレバーなどの臓物と様々な部位が楽しめ、野菜盛合せと肉団子・豆腐に締めの麺までボリュームもあり、5000円コースで十分堪能できた。

1500円の飲み放題をつけて、紹興酒を水のように飲み、火鍋を食らうという、カジュアルに火鍋を楽しむことができる。そのためか比較的女性客が多い火鍋店だが、ここでは男性客の比率が高く、肩身の狭い思いをすることはない笑

関連記事