アンコールトムを後にして、次に訪れたのは、スポアンと呼ばれる巨大な榕樹に覆われた寺院遺跡のタ・プローム。

遺跡を破壊する勢いの巨大樹たちを前に、自然の強靭さを改めて感じさせられてしまう。

トゥームレイダーでも有名な巨大樹

映画「トゥームレイダー」の撮影ポイントとなったことでも有名で、今にも動き出しそうな迫力の樹々に圧倒されてしまう。

まるで血管のような榕樹。

樹齢は300〜400年という。

何百にも枝分かれをしている。

クメールランチ

巨大樹と遺跡のコントラストを楽しんだ後に、向かうは今回の旅のメインイベントであるアンコール・ワットだが、その前に「クメールウッデンハウス」でランチタイム。

2階席にて、まずはアンコールビールで渇いた喉を潤す。この旅行中に最も飲んだビールだ。

トムヤンクン。カンボジアでもタイ料理は、よく食べられるという。

春巻き

野菜炒め

 

鶏肉とピーマン炒め

ツアーに組み込まれたレストランだったが、思いのほかにクオリティは安定しており、いよいよアンコール・ワットへ。

関連記事