11月限定!LINE@お友達登録された方のお店選びにエノキングが直接アドバイス!詳細は記事へ!

シュングルマン 〜 肉食系大人のお子様ランチ

東京バルバリ改めシュングルマン

以前は京橋にあった「東京バルバリ」の小池シェフが八丁堀に新たに出したお店。

東京バルバリ時代には有名なビフテキ丼を食べたいと思いつつ、未訪のまま閉店してしまっていたので、絶好のリベンジチャンス。

前日に訪れるも、予約で満席という事態に陥り、この日は予約をして万全を期す。

シュングルマンのランチメニューの名物は大人のお子様ランチ。女性のみのSSサイズからS、M、Lの4サイズ展開で、Mサイズ(1600円)に。

  

ワンプレートスタイルで、メニュー名についているニクラシイというキャッチコピーも納得のボリューム。

牛豚鶏の肉の三冠王プレート

もち豚ロースに大山鶏フリット、サルシッチャ、短角牛ハンバーグと牛豚鶏の三役揃い踏み。その上にナポリタンとスパイシーカレー、ライス、スープまで付くのだから恐れ入る。

Lサイズだと、さらに短角牛ロースのヅケが加わるが、Mサイズで十分(笑)。途中でやや飽きが来るが、ソースで味の変化を楽しみながら、なんとか完食。

圧倒的なボリュームだけでなく、クオリティも兼ね備えており、質量ともに満足できることは間違いなし。

少人数であれば、予約はなくとも時間制限付きで入店も可能なようだが、確実性を求めるなら予約がオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です