名古屋グルメの代表的存在である、みそかつ有名店の東京銀座店。

みそかつの元祖?

昭和22年創業の老舗で、みそかつの元祖(諸説あり、みそかつ丼の元祖は叶らしい)とも言われる。

個人的にみそかつがあまり好みではないのに加えて、ここ東京にもお店があるため、名古屋でも食べたことがなく、今回が初矢場とん。

昭和通り沿いにある立派な建物で、壁に大きく描かれたマスコットキャラクターの横綱ぶたが目印。

店内は広めのつくりで、落ち着いた雰囲気の2階テーブル席にて。

メニューは名物という、わらじとんかつの定食(1600円)に。みそとソースの半々もできるが、折角の矢場とんなので、みそのみで。

みそダレはあとかけ

まずはロースとんかつの2倍のボリュームのわらじかつが先に運ばれてきて、その後に店員さんがみそダレをかけてくれる。

個人的には思ったよりもあっさりとしていて、食べやすかったが、名古屋人からすると、矢場とんのみそダレは、さらさらし過ぎらしい。

関連記事