11月限定!LINE@お友達登録された方のお店選びにエノキングが直接アドバイス!詳細は記事へ!

クリンゲン 〜 鐘の音を鳴らしたくなる絶品フライシュケーゼ

岐阜にあるドイツデリカテッセンで、店名のクリンゲンは鐘の音色という意味。

デリカテッセンとはドイツ語で「美味しいもの屋」を表し、ハムやソーセージの加工品や惣菜など様々な食材がある。

ハンスホールベック出身

オーナーの野村さんは筑波大出身で、ドイツ食肉マイスターの資格を持ち、茨城守谷の「ハンスホールベック」での経験から、実家のある岐阜でお店を出した。

文化的景観地区のロケーション

文化的景観地区に指定されている西材木町のロケーションで、赤い豚とソーセージのロゴマークが浮き出たデザインにセンスを感じさせ、景観にも馴染んだつくり。

店内にはウインナーやサラミ、パテなど美味しそうな食材たちがショーケースに並び、見ているだけでも楽しい。

ドイツデリカテッセンなだけあって、ドイツビールのラインナップもなかなか豊富。

つい、あれもこれもと触手が伸びてしまうが、お目当てはフライシュケーゼ。

やみつきになる旨さのフライシュケーゼ

ソーセージ生地を型に入れてオーブンで焼いたドイツ風ミートローフで、これが抜群に旨い。スライスしてフライパンで少し焼くと旨さが増して、ミートローフの概念を覆されるクオリティ。

この日は他に、ローストポークや焼豚、マスタードなどを購入したが、フライシュケーゼはマイ定番リスト入り確実の逸品で、早くもまた食べたくなっている。

関連ランキング:デリカテッセン | 田神駅名鉄岐阜駅岐阜駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です