11月限定!LINE@お友達登録された方のお店選びにエノキングが直接アドバイス!詳細は記事へ!

えきねっと購入もれから見つけた新幹線の自由席着席の方法

8月のお盆休みに福島の実家(仙台経由)に帰省するために、東北新幹線の切符をえきねっとで購入することに。

えきねっとの発売は乗車の1ヶ月前からスタートするのだが、その前に第3希望まで抽選での事前受付ができる。

しかし、行きも帰りも見事に外れたため、ちょうど1ヶ月前の日に改めてえきねっとで購入を試みた。

えきねっとの購入もれ

あっさりと購入ができた、つもりだったが、完了していたのは帰りのみで、行きは購入できていなかった。。。

気づいた時は既に手遅れで、最盛期なだけあって、グリーン席はおろかグランクラスさえも空いておらず。

人生初の自由席戦争

かくして、人生初の自由席戦争に参戦することになったのだが、そもそも購入したつもりだった切符が、なぜ取れていなかったのかを考えてみた。

まず第1の問題は、えきねっとは購入完了のリマインドメールがないこと。未受取のアナウンスメールはあるのに。。。そのため購入が完了していないことにリアルタイムで気づけなかった。

第2は、えきねっとの購入手続きが2段階になっていること。最初の購入手続きに進むボタンをクリックすると、金額と列車名、そしてクレジットカード情報が出るので、そこで完了と誤解してしまった。本当はそこから1番下にスクロールして現れる最終完了ボタンのクリックが必要なのだ。

もちろん自分の確認不足もあるのだけど、この1番下へのスクロールというのが曲者で、何とも気づきにくい。

えきねっとは使いにくい

えきねっとの使いにくさは有名な話なのだが(笑)、後悔しても仕方ないので、自由席戦争にいかに勝ち残るかを考えることにして、ネット検索に励んだ。

そこで分かったことは以下の3点。

1.お盆とは言え、早めに並ぶか、1本見送るなどすれば座ることは十分可能であること。

2.東北新幹線で自由席があるのは、やまびこのみであること。はやぶさや、はやてにはない。

3.通常、自由席は前の方の1〜5号車であることが多いが、中には後方の12〜17号車の編成があり、そこが狙い目なこと。

纏めると、やまびこの17両編成の後ろの号車に早めに並べば、自由席着席の確率が上がるということ。

しかし、自由席編成は固定されておらず、ネット検索では、なかなか分からなかった。

人生初のJR時刻表を購入

そこで、恐らく人生初であろうJR時刻表を、鉄道オタクでもなんでもないのに(笑)、購入した。

時刻表には新幹線の時間だけではなく、発着ホームから車両編成まで載っており、今回のチェックには最適なのだ。

時刻表より浮かび上がった乗車検討の時間帯前後のターゲット車両は以下の3つ。

7:44東京発 やまびこ205 仙台行 

8:48東京発 やまびこ43 盛岡行

9:40東京発 やまびこ45 盛岡行

狙いはやまびこ43

7:44発では少し到着が早すぎるので、8:48発のやまびこ43に狙いを定めて、当日8時前に22番ホームに並んだ。

列順は7〜8番目であり、この時点でほぼ勝利を確信していた通り、無事に自由席に座ることができた。

帰省ラッシュ時の新幹線はデッキから通路まで人で溢れており、さながら満員電車のようになっていた。

自分の不注意から始まった自由席戦争は、貴重な経験をもたらしてくれたが、次に生かしたくはないので(笑)、えきねっとには、せめて購入完了メールぐらいはお願いしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です