11月限定!LINE@お友達登録された方のお店選びにエノキングが直接アドバイス!詳細は記事へ!

のもと家 〜 鹿児島六白黒豚とんかつを醤油と茎わさびで

豚珍館改め、のもと家に

前身の「豚珍館 浅草店」を閉店後、大門に移転して、店名も「のもと家」にして新たに2014年6月にオープン。

「檍」や「むさしや」、「燕楽」などの人気とんかつ店がある激戦区においても、すでに着実な人気を得ている。

ランチタイムには待つこと必至

以前の豚珍館では苦戦したようだが、移転が功を奏したのか、今ではランチタイムには待ちの行列ができるほど。

芝大門近くのビル2階のロケーションで、カウンターとテーブル席の店内は21席とそれほど広くはない。

六白黒豚の特選とんかつ

メニューには国産豚と鹿児島六白黒豚の特選があり、せっかくなので特選ロースかつ定食の120g(1750円)を。

120gでも十分なボリュームで、おすすめの食べ方である、とんかつ醤油と茎わさびで。

さつまいもを飼料としている六白黒豚の特徴である、脂の甘みと肉身の旨味のバランスが取れていて、人気も頷けるクオリティ。

あらゆる素材にこだわり

豚汁にも六白黒豚が使われ、ご飯の米には鹿児島の湧水米、ソースやドレッシングにもこだわりが感じられ、真摯な仕事ぶりに好感が持てる。

また訪れたいが、ランチタイムはオープンの11:30前でないと、待つことは必至であり、次は夜にお酒とともにとんかつというのも良いかもしれない。

関連ランキング:とんかつ | 大門駅芝公園駅浜松町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です