11月限定!LINE@お友達登録された方のお店選びにエノキングが直接アドバイス!詳細は記事へ!

カンテサンス 〜 10年連続ミシュラン三つ星レストランで初ランチ

10年連続ミシュラン3つ星

10年連続ミシュラン3つ星の輝かしい実績を持つ、説明不要の超有名フレンチレストラン。

当然、移転前の白金時代から、その高名は耳にしており、1度は訪れてみたいと思っていたが、なかなかその機会はなく。

そんな時に東銀座の「bar cacoi」のマスター大場君から、ランチの誘いを受けて、2つ返事で念願の初カンテ。

御殿山ガーデンシティのロケーション

御殿山ガーデンシティ内のビルテナントのロケーションだが、アプローチは独立しているため、3つ星レストランらしい空間作りがされている。

品川駅からも五反田駅からも離れている、決してアクセスが良いとは言えない場所だが、3つ星レストランには関係ないのだろう。

そもそも3つ星の定義は「そのために旅行する価値がある卓越した料理」であるし。

落ち着いた雰囲気の店内で、この日は個室であることが分かり、心の中でガッツポーズ。なぜならば、個室以外では写真撮影禁止だから(笑)

おまかせメニューは白紙

メニューはなく、おまかせコースのみで、メニューは白紙という粋な演出。

ドリンクはカップリングコースで、シャンパンからスタート。

バジルスープ

オーストリアの白ワイン マルクスフーバー

ヤギのババロア

ゴンザレスビアスのシェリーは、シェリーへの固定観念を覆す美味しさ。

エイヒレもカンテサンスの岸田シェフにかかれば、お洒落に変身。

魚料理はきんきで、香味野菜ソースとともに。

赤ワインはシャサーニュ・モンラッシェ。

肉料理はうずらのむねとももで、パンケーキの生地でローストされており、ふんわりとした食感が心地いい。

デセールは2種類で、北海道赤肉メロンのブランマンジェと青森カシスの焼きたてガトーショコラ。

美味しい岸田ワールドの余韻を楽しみながら、コーヒーでチルアウト。

カンテランチはハイコスパ

料理については、自らの乏しい味覚表現では伝えきることが難しいが、トータルクオリティの高さに比しての2万円のコストがハイパフォーマンスであることは、声を大にして言える。

岸田シェフ自らが帰りに見送りをしてくれたが、料理から伝わったスターシェフのオーラも、物腰の柔らかさと、自分の1つ下には見えない若さからは感じなかった(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です