蜂の子 〜 新富町の老舗仏料理店で白スパと肉ヤサイ

昭和32年(1948年)創業の老舗フランス料理店で、看板にもフランス料理とうたっているが、カテゴリー的には洋食店に近いスタイル。

店内を仕切るのは大女将

新富町の裏路地一角のロケーションにあり、2012年にリニューアルしているため、外観は新しめだが、大女将が仕切る店内には、それなりの歴史を感じさせる雰囲気がある。

ランチにはA〜Cのセットメニューがあるものの、目に入った「白スパ」が気になり過ぎて、肉ヤサイとの組合せでオーダー。

名物料理の白スパ

ステンレス皿で運ばれてくる白スパは、まさにそのメニュー名通りの具なしシンプルスパゲティのビジュアルだが、まさか味までないとは思わず(笑)。

一緒に頼んだ肉ヤサイはいわゆるデミグラスソースのシチューであり、これをかけて食べる、スパゲティの白ごはん的なイメージ。

肉ヤサイからは、しっかりと丁寧に煮込まれたデミグラスの美味しさが伝わってきたが、次に白スパを頼むことには疑問符がつく(笑)

他のお客さんが食べていた、日替りであるBセットが美味しそうだったので、リピートはすると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です