11月限定!LINE@お友達登録された方のお店選びにエノキングが直接アドバイス!詳細は記事へ!

じゆうさん 街蕎麦三代目はビブグルマン

ビブグルマン蕎麦店

食べログ点数4.0で都内蕎麦ランキングで堂々5位に輝き、ミシュランガイドのビブグルマンにも選ばれている蕎麦店。

新江古田駅から徒歩7〜8分の決して良いとは言えないアクセスで、目白通り沿いのロケーションにある外観からは、それらの輝かしい評判を得ているお店とは失礼ながら思わない、昔ながらの蕎麦店のつくり。

3代目は竹やぶで修行

それもそのはずで、もともと昭和7年から続く老舗蕎麦店で、今の店主の高橋さんで3代目となる。

高橋さんはエコール辻東京出身で、その後柏の名店「竹やぶ」で修行後、2005年に長寿庵からじゆうさんに店名を変えたのだ。

その新たな店名は目白通りが昔、十三間通りと呼ばれていたことに由来し、師匠が名付けたという。

店内は小上がりの座敷とテーブル、カウンター席があり、17席ほどのコンパクトなつくり。

シックなBGMが流れており、落ち着いた雰囲気は、日曜の昼下がりの食事にも最適といえる。

水を使い分けるこだわり

蕎麦は長野や山形、群馬産を使用しており、自家製粉のせいろは十割。

打ち水にはミネラルウォーター、茹で水には貝殻を入れた浄水器の水を使うなど、細部までの心遣いが蕎麦の美味しさにも表れている。

井戸水を使った焼き節のつゆも程よい濃さで、蕎麦との相性もバッチリ。

その美味しさと、やや上品めなボリュームから、自分はせいろを追加したが、2枚せいろにしても良いし、せいろと田舎そばの2枚オーダーもありだろう。


田舎そば


追加せいろ

この日に食べた蕎麦の実のおひたしもクオリティが高く、蕎麦だけでなく、蕎麦前とともにお酒を楽しむ蕎麦店ならではの醍醐味もしっかりと味わえる良店。


人気ブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です