11月限定!LINE@お友達登録された方のお店選びにエノキングが直接アドバイス!詳細は記事へ!

フリホーレス@麻布十番 麻布十番のブリトー専門店

フリホーレスはインゲン豆の意味

スペイン語でインゲン豆という意味の店名のブリトー専門店。

最近オープンした代官山や大手町、六本木、汐留などにお店がありますが、1号店は、ここ麻布十番店。

初めて食べた時は、ブリトーってセブンイレブンのイメージしかなかったので、しっかりとした食事として成り立つものなのだと認識したことを覚えています。

オーダーはサブウェイ方式で、選びながら進んでいくスタイル。

選べるトッピング

まずはブリトー、タコス、サラダ、ボウルかりブリトーを選び、それぞれ4種類から具材をチキンで、サルサをフレッシュトマトにして、レタスとチーズをトッピング。

トルティーヤの生地の中に、たくさんのチキンと野菜、豆がぎっしり詰まっており、食べ応えのある割にヘルシーな印象を受けます。

麻布十番というエリア性からか、外国人のお客さんも多く見られ、日本人よりもこのスタイルの料理に慣れ親しんでいるのがよく分かります。

ビールとの相性抜群

コロナビールとの相性も良く、ブリトー専門店というオリジナリティは、オープンしてから時が経つ今も色褪せてはいません。

この日のお会計

2人でそれぞれブリトー&ビールで3480円(1740円/人)也。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です