銀座吉宗@銀座 長崎ビルで長崎ちゃんぽん

長崎本店は慶応2年

吉宗と書いて「よっそう」と読み、長崎のお店は慶応2年(1866年)からで、ここ銀座吉宗も昭和48年にオープンと、歴史は古い長崎料理のお店。

長崎新聞や長崎放送の東京支社が入っている長崎センタービルの地下のロケーションで、長崎本店からは分離独立しているようです。

元祖茶碗蒸しのお店

長崎料理と言えば、ちゃんぽんと皿うどんを思い浮かべますが、吉宗は元祖茶碗蒸しのお店としても有名です。

この日はちゃんぽん気分だったので、長崎ちゃんぽん大盛(1150円)に。

豚骨・鶏がらを長時間煮込んだスープはコクがあって、食感のいいちゃんぽん特有の麺との相性もよく、野菜たっぷりで具にさつま揚げが多いのも嬉しい。

リンガーハットとの2択

さすが長崎ビルのテナントの看板に偽りなしのクオリティで、銀座でちゃんぽんを食べるならリンガーハットか吉宗の2択になると思います。

この日のお会計

長崎ちゃんぽん大盛で1150円也。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です