豊田屋@平井 鮟肝&牡蠣&白子の痛風鍋

痛風鍋が人気

あんこう鍋や白子鍋などの痛風鍋とも称されるフォトジェニックな鍋の写真が、SNSのタイムライン上を賑わせる、平井の人気居酒屋。

ここに来る以外には個人的に縁遠いエリアで、蔵前橋通り沿いのロケーションにあり、通りの向かい側からも浅草無双の文字がくっきりと見える看板が目印。

店内はザ昭和の居酒屋の雰囲気ではあるが、客層が普通の居酒屋の属性とは明らかに異なり、改めてSNS人気の凄さを実感させられる。

ドリンクは梅チューハイからで、アズマ炭酸という墨田区吾妻橋の地炭酸を使用しており、強炭酸が嬉しい。

インスタ映えする痛風鍋

鍋は季節ごとにバリエーションがあって、あんこう(きも入り)と牡蠣、白子のコラボ鍋は、圧倒的なビジュアルとそのクオリティはさすがで、SNS映えするのも頷ける。

鍋以外の単品メニューも豊富にあり、ギョーザやポークソテーなど、どれも一定のクオリティがある。

にこごり

モヤシイタメ

ギョーザ

ポークソテー

それでも豊田屋では、やはり鍋を頼みたくなるので、鍋を追加でおかわり。

やや鍋の値段が上がったとはいえ、たっぷり食べて飲んで6000円台のお会計もまだコスパが高いと言え、寧ろこれまでが異常に安かったという結論になる。

この日のお会計

しっかり飲んで食べて1人6970円の会計也。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です