かつ好@人形町 路地裏に潜むBRUTUS掲載とんかつ店

BRUTUSに掲載

2016年11月オープンと、まだその日が浅いにもかかわらず、BRUTUSのとんかつ特集に取り上げられるなど、人気急上昇中のとんかつ店。

人形町の路地裏にひっそりと佇む古民家風の建物のロケーションで、知らなければ足を踏み入れない場所にある。

店内は1階がカウンター席のみで、2階にも席があるが、この日は予約で埋まっており、開店1番乗りでカウンターにて。

ランチメニューはキャベツメンチカツカレーがある以外はレギュラーメニュー対応で、ロースカツ150g単品に塩コロッケをつけて。

カウンター席はとんかつ劇場最前席

休日ランチの特権である昼から生ビールを1杯やりながら、目の前で肉を切り、粉をつけ、揚げていく店主の所作をアリーナ最前席で眺められるのがカウンターの良さ。

ロースカツは程良い脂と肉身のバランスが絶妙で、揚がり具合もちょうど良い好みのタイプのとんかつに仕上がっている。

塩コロッケも同様の高いクオリティで、千切りキャベツにも丁寧な仕事が表れており、好感が持てるお店と言える。

気になるすっぽんカレー

この日は食べなかったが、BRUTUSで取り上げられた一口すっぽんカレーも気になり、再訪リストに名前を書いた。

この日のお会計

ロースカツ150g単品(1850円)と塩コロッケ(250円)に生ビール(650円)で、税込で2862円也。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です