香川一福 池袋@池袋 香川の讃岐うどん人気店のうどん居酒屋

ライセンス一福の東京3店舗め

香川の人気讃岐うどん店「一福」が東京初進出として小川町に出店してから、立川に続いての3店舗めが、ここ池袋になる。

月島の「在市」などを経営する新井氏がライセンスを取得しての出店であり、直営店ではなく、暖簾分けという形。

うどん居酒屋スタイル

池袋はうどん店というよりも、博多から派生して東京でトレンドになりつつある、うどん居酒屋のスタイルが強め。

この日は草野球の忘年会として、4人でカウンター席にてL字利用したが、地下には半個室の席もあるよう。

うどん以外も豊富なメニュー

メニューのバリエーションは豊富で、うどん以外にも居酒屋として十分通用するラインナップボリューム。

ドリンクメニュー

フードメニュー

うどん頼みではなく、クオリティも安定しており、うどんを食べなくとも居酒屋利用として事足りると言え、この日は実際そういう利用で。

お通しの揚げうどん

おでん

しめ鯖 ガリ手巻き

ハムカツ

本気の肉じゃが

お酒も一通り揃っており、美味しいうどん居酒屋としての存在価値は、池袋というエリアでは目立つ。

レモンサワー

ハイボール

この日のお会計

しっかり飲んで食べて、1人5500円也。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です