蕎麦懐石 無庵@立川 JAZZをBGMに美味しい酒と蕎麦

路地裏にある隠れ家系蕎麦店

平成元年創業の立川の路地裏にある蕎麦店で、住宅街に佇む風情のある外観は、店主の実家を改装したものだという。

この日は立川立飛アリーナでのbリーグ観戦があり、その前の昼酒利用で訪れた。

BGMはJAZZ

店内には膨大な数のアルバムが置かれ、真空管オーディオアンプから流れるジャズが落ち着いた雰囲気を演出している。

今やジャズがBGMの綺麗系蕎麦屋は多いが、そのはしりと言えるかもしれない。

メニューは蕎麦前、蕎麦いずれもそれほどのバリエーションではないが、メニュー名から美味しそうな印象を受けるものばかり。

まずはエビスビールで乾杯。

料理に使われる野菜は相模湖にある自前の無庵ファームで作られたもので、素材へのこだわりを感じ、丁寧な仕事ぶりが味に表れていて、いずれも高いクオリティ。

鰊の旨煮

やきみそ

そば豆腐

だし巻き卵

里芋の煮物

唐墨と聖護院蕪

天ぷら盛り合わせ

柳川鍋

日本酒も五日市の喜正の純米酒から、種類は多くないものの、いずれも蕎麦前との相性も良い。

お店の2階で蕎麦挽き

締めのせいろの蕎麦は八ヶ岳産で、石臼で自家で挽いており、蕎麦の香り豊かで好みのタイプ。

立川に頻繁には訪れることはないだろうが、美味しいお酒と蕎麦を楽しめるお店。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です