ハイズステーキハウス(Hy’s SteakHouse)@ハワイ キアベ炭焼ステーキ

ハワイ初日のディナーは、ハワイに来たら食べようと決めていたジャンルからステーキを。

日本未出店のステーキハウス

「ウルフギャング」や「ルースクリス」などの有名店は日本にも進出しているので、日本未出店のこちらに。

1976年創業の40年以上の歴史を誇る老舗ステーキハウスで、ワイキキのクヒオ通り沿いのロケーションにある。

コンドミニアムのPark Heightsの一角にあり、「hy’s」の看板が目印。

ドレスコードありの上質な空間

店内はクラシックな雰囲気で、ドレスコードがあるのも頷ける、ちょっとお洒落をして訪れたくなる空間が広がっている。

まずはハワイのロゼスパークリング「Ulupalakua Lokolani」で乾杯。

テーブルに着くとまずサーブされるのが特製チーズブレッドで、そのビジュアル通りの間違いない美味しさに、この後の料理にも期待が持てる。

ステーキメインでいきたかったので、ステーキ以外の料理はシーザーサラダのみに。

目の前でサーブしてくれるシーザーサラダは見ていて楽しいうえに、サラダにしっかりと味がしみこんでいて、クオリティも伴っている。

キアヴェ炭焼の香り高きステーキ

ステーキはハワイ産のキアヴェ炭(香木)で焼いており、リブロースとフィレミニヨンともに、高い肉質に纏った香りがさらに美味しさを増している。

フィレミニヨン

リブロース

ステーキに合わせるワインは、ナパのDuckhorn(赤)のハーフボトルで、値は多少張る($80)が、相性は抜群。

初日ディナーで財布の紐が緩みがちなこともあり、コスパ的には決して良いとは言えないが、満足度が高いのは間違いない。

この日のお会計

2人でスパークリングワインにシーザーサラダ、ステーキ、赤ワインハーフボトルで36219円。

Hy’s STEAKHOUSEステーキ / クヒオ通り)

夜総合点★★★★ 4.2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です