Senia(セニア)@ハワイ ハワイで最も予約が取れないレストラン

ハワイで最も予約が取れない

今、ハワイで最も予約が取れないレストランと聞けば、ミーハー魂に火がつかないわけがなく、日本から唯一予約をしていったお店。

予約はお店のホームページからRESYという予約システムにとんで、比較的スムーズにできた。

スターシェフがタッグを組んだ

クリス・カジオカさんとアンソニー・ラッシュさんのスターシェフがタッグを組んだとなれば、その人気も当然と言える組合せ。

ダウンタウン地区にあり、ギリシャ語でおもてなしという意味の「zenia」から取ったという店名のサインが目印。

畏まり過ぎず、それでいてカジュアル過ぎない、程よい落ち着きのある雰囲気の店内にはセンスを感じさせる。

ライブ感満載のカウンター席

目の前のキッチンから、ライブ感がひしひしと伝わってくるカウンター席は、まさにアリーナ最前席。

まずはスパークリングワインで乾杯。

充実したドリンクラインナップだが、気になるのはカクテルメニューで、”The kaji”は焼きパイナップルとシュガーケンをウオッカに漬け込んだもの。

スタートのアヒブリオッシュは、ブリオッシュの上にマグロがのっており、アボカドがわさびに見える、まさに寿司のビジュアルで、クオリティも確か。

シグネチャーメニューのチャドキャベジはキャベツの甘みに塩昆布のアクセントがきいていて、マイベストキャベツ料理となった。

感じられる和のエッセンス

ホタテには白だしバターが使われていて、料理の随所に和食のエッセンスが感じられ、そこにセニアに対して親近感を覚える故があるかもしれない。

料理が遅れたからと、サービスで芽キャベツの料理を出してくれる心遣いも嬉しく、最後のトマトソースのクラブスパゲティまで美味しくいただけた。

芽キャベツ

クラブスパゲティ

真っ赤な氷にスモーキーなバーボンを目の前で注ぐ、”The Freddie”というカクテルに象徴されるように、エンターテイメントとクオリティを兼ね備えた、噂に違わぬレストランで、予約して訪れる価値は十分にある。

この日のお会計

2人で飲んで食べて、チップ込みで18092円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です