末廣ラーメン本舗 仙台駅前分店@仙台 大晦日に新福菜館ルーツのラーメン

ルーツは新福菜館

創業昭和13年の京都の「新福菜館」が発祥のラーメン店で、この日は大晦日で2017年の外食納めとなった。

本店は秋田で、ここ仙台は分店となり、東京の高田馬場にもあるのだが、末廣は初めて。

暖簾が目印

贈り主に「新福菜館」とある暖簾が目印で、入店時は待ちがないグッドタイミングだったが、店を出る時には5〜6人の待ちが出る人気ぶり。

入口すぐに食券機があり、予め食券を購入してから入店するシステムになっている。

メニューのバリエーションはなかなか豊富にあるが、初末廣なので中華そばに。

濃厚醤油ベースのスープは新福菜館ほどの黒さは感じないが、ルーツを思わせる味わいではある。

新福菜館では名物の一つでもあるヤキメシは自重したが、東京では新福菜館も末廣もあるので、食べたい時にはいつでも行ける。

この日のお会計

中華そば並で700円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です