自家製麺 伊藤 銀座店@銀座 角館本店の中華そばを銀座で

角館に本店

秋田角館の有名店「伊藤」の弟のお店が王子神谷店、その息子のお店が赤羽店らしく、赤羽の系列店にあたるのが銀座店らしい。

スープカレーの「イエロースパイス」などが入っているビルの地下のロケーション。

15席ほどのコンパクトな店内には、食券機があり、事前に購入するスタイル。

メニューは中華そば、つけそば、比内鶏そばの構成から、最上段にある中華そばの中【700円】に。

煮干をふんだんに使ったスープ

スープには九十九里産の煮干をふんだんに使っており、店内にもその香りで満ちていて、スープの量は少なめで、メニューに「スープ増し」があるのも納得できる。

中華そばはスープに麺、ねぎのみのシンプルさで、かけラーメンのように自家製麺のストレート麺の旨さをストレートに味わえ、この潔さ好き。

久しぶりに食べたが、麺の味を引き出す無化調のスープが美味しく感じるのは変わらなかった。

この日のお会計

中華そばの中(ネギのみ)で700円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です