開化亭@岐阜 プロフェッショナル登場の有名中華

岐阜の有名中華料理店

NHKのプロフェッショナルでも取り上げられた岐阜の超がつくほど有名な中華料理店で、創業者の古田等シェフは東京に進出した「フルタ」でも名声を得ている。

次男も東京に「チウネ」として移転しており、開化亭を任された長男が岐阜で地に足をつけて頑張っている。

岐阜市役所裏のロケーションにあり、コンクリート打ちっぱなしの外観はシンプル。

店内1階はカウンター8席のみのコンパクトなつくりで、1番奥の目の前が厨房のアリーナ最前席にて。

ランチは3コース

土曜の昼に予約して訪れたが、週末のランチメニューは3コースあり、4,000円のコースを。平日は担々麺単品も可能。

スターターの生うにと帆立の揚げ餃子のクオリティは、この後に続く料理に期待を持たせるに足る。

古田等シェフDNAが宿る料理

料理はデザートも含めて8品のボリュームと、古田等シェフのDNAが確かに宿っていると思わせるクオリティに比して4,000円はコスパ良と言って差し支えない。

前菜3種

フカヒレスープ

牡蠣と平目と金針菜の四川炒め

黒毛和牛と季節野菜の豆豉炒め

炒飯

デザート

杏仁豆腐

炒飯との2択で選んだ担々麺は、あっさり系の中ではマイベストと思えるほどの出来映え。

「フルタ」にも「チウネ」にも訪れたことがなく、比較はできない(するつもりもない)が、それだけに逆に「開化亭」単独で評価することができ、それは好印象を与えてくれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です