ミキハウス@都内某所 ニューメッシタはInstagramで予約

メッシタが移転復活

目黒の人気イタリアン「メッシタ」には2回訪れたことがある。
駅から離れたアクセスでコンパクトなつくりの店内は、決してゆっくりできる雰囲気ではなかったが、それを補って余りある美味しさがあった。
残念ながら、昨年3月をもって閉店、正確には閉店ではなく、間をあけての移転だったのだが、その移転先については一部の常連のみに許されたトップシークレット。
FACEBBOOK等のSNSで知人が訪れるのを見て羨ましく思うも、たかが2回の自分にはおこがましいと自分に言い聞かせいていた。

予約はInstagramで

そんな自分にニューメッシタへ行くチャンスをくれたのは雑誌「dancyu」
以前から、ライターである佐々木ケイさんが連載をしていたのは知っていたが、そこで新店のインスタグラムIDが公開されており、DMで予約依頼をするという今風なシステム。
早速、発売日にdancyuuを購入して、即DMを発信したが、返信が来たのは12日後(笑)

何れにしてもようやく手にした、メッシタ新店の権利であり、ワインはボトルのみで、たくさん飲む方歓迎などの諸条件は全く気にならなかった。

ワイン①

ワイン②

ワイン③

場所は某駅から歩くという渋いロケーションで、住所非公開らしいロケーションと言える。

店内はメッシタ時代と変わらない、カウンターとテーブル席のコンパクトなつくりになっていて、4人でカウンター席で。

魅力的なメニューラインナップ

メニューはいずれも魅力的なラインナップだが、メッシタ時代に好きだったハムカツは見当たらず。

カチョカヴァロチーズとズッキーニのクロスティーニからスタート。

4人でシェアするに十分なボリュームとメッシタ時代と変わらないクオリティの高さがどの料理にもみられる。

人参のバター煮

イイダコ溺れ煮

サバのフリット

パスタはからすみと鶏ラグーを。

からすみ

鶏ラグー

メインの仔牛のカツレツに至るまで、全体的な満足度は高いが、メッシタ時と比較するとカジュアルさが減って、洗練さが増した気がする。

仔牛カツレツ

仔牛カツレツ断面

店名がないため、巷ではシェフの鈴木美樹さんから「鈴木家」と言われているが、自分はTwitterのフォロワーさんが使っていた「ミキハウス」というのがしっくりくる。
次に「ミキハウス」に来るのはいつになるだろう?
北海道に来た今、尚更縁遠くなってしまったが、機会があれば再訪したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です