まだん 〜 インターナショナルアーケードの韓国料理店

有楽町と新橋の間のディープゾーン「インターナショナルアーケード」にある韓国料理店。

東京オリンピックのショッピングストリートにある

前の東京オリンピック開催時に、外国人向けにオープンしたショッピングストリートだが、閑散としており、今やその名残はない。

外観は一見赤提灯の居酒屋風なのだが、歴としたネイティブな韓国料理が楽しむことができる。

韓国語で広場の意味する店名の「まだん」とは異なり、店内は狭めで雑然としてるが、そこに逆に本場感がある。

ランチメニューは豊富な35種類

ランチメニューは35種類と豊富なバリエーションでどれも1000円以下で悩ましいが、スンドゥブチゲ【900円】に。

湯気が立つほど熱々の石鍋で提供されるスンドゥブは、コクがありつつ、すっきりした辛味があってマイベストスンドゥブの一つに入れている。

ご飯とキムチ、小皿がついており、満足のランチボリューム。他のメニューも美味しそうなのだが、たまに来るとやっぱり頼んでしまうスンドゥブチゲ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です